どこで乗ってどこで降りるのか

普段の循環バスでも同様ですが、高速バスの場合特に顕著なのがどこで乗車してどこで降りるか。
これをしっかりと把握しておかなければならないでしょう。
発着所から目的地までどこにも停まらない場合には良いのですが大抵乗車も降車も何箇所かに分かれているのですが、高速バスですので循環バスのように、隣のバス停から歩けるような距離ではないのです。
例えば東京から広島に高速バスで移動する際には、岡山や福山などでも降車しますので、慌てて降りてしまうとそれが大問題にまで発展してしまう事もあります。
循環バスですと次のバスを待つという事も可能ですが、高速バスの場合循環している訳ではありません。
先の話で言えば、本当は福山に行きたかったのに岡山で降りてしまうと、岡山から福山まで自分で移動しなければならないだけではなく、その分の費用も自分で支払わなければならないのです。
第一乗車所から乗り、終点まで乗っている場合は特に気を使う必要が無い部分ですが、途中で乗って途中で降りるという場合には車内のアナウンスはしっかりと聞いておかなければならないでしょう。
それだけで状況は大きく異なってきます。
首都圏であればまだしも、地方に行くと降車所を間違えるとどうにもなりません。
タクシーを利用しなければどうする事も出来ないのに、タクシーそのものが無い。
そのような状況になりかねませんから、高速バスの乗降ポイントはしっかりと聴いておかなければならないでしょう。

Copyright (C)2017高速バスの予約方法と過ごし方.All rights reserved.